二日酔い対策とウコン

お酒を飲みながら楽しい時間を過ごすことは、大人のコミュニケーション方法のひとつです。ところが、楽しいはずのお酒も、飲み過ぎてしまうと、二日酔いになってしまう場合があります。二日酔いを防止するために、お酒を飲む前にウコンを飲まれる方が多いようですが。二日酔いというものは、どのようにして起こるものなのでしょうか。また、ウコンの働きについても併せて見ていきましょう。

二日酔いのメカニズム

お酒を飲むと、まず胃腸に運ばれて、消化と吸収を行ないます。その後、吸収されたものが肝臓に運ばれて分解されることになります。肝臓は、体内の化学工場とも呼ばれており、肝臓に運ばれてきたものは、身体に必要な物質に変換されることによって、身体の機能を支えているのです。肝臓まで運ばれてきたアルコールが、うまく分解しきれずに、体内にアルコールが残ったままになることを、二日酔いと言います。

二日酔いと不調の原因

アルコールが肝臓で分解しきれなかった場合、二日酔いになることは分かりましたが、何故、二日酔いが頭痛や吐き気という症状を生み出すのでしょうか。まず、肝臓に運び込まれたアルコールは、アセトアルデヒドという物質になります。この物質は、さらに分解されることになり、酢酸となり最後に水と炭酸ガスになります。この分解しきった状態の物質が、肝臓から血液中に送りこまれても、不調の原因になりにくいのですが、分解されない状態であるアセトアルデヒドが血液中を巡ると、これが頭痛や吐き気の原因になってしまうのです。

ウコンの働き

ウコンには、クルクミンが含まれています。このクルクミンが胆汁の分泌を促したり解毒作用を持っているため、肝臓の働きをサポートします。胆汁が十分に分泌されていると、アルコールや体内で消化したものを分解、排出することがスムーズになります。肝臓は、食べ物の消化・吸収にも関わっているため、常に働いている状態です。その上でアルコールを分解する役割を担っているため、肝臓に負担を掛けない工夫のひとつとして、ウコンを取り入れる方がいるというわけです。

ウコンの働きを知ることで、楽しい時間を過ごしながらも、身体をいたわることが出来そうですね。